東京 千代田区 の 会計事務所 税務 会計のことなら 国際会計事務所 千代田パートナーズ税理士法人へ

  • ホーム
  • 出版物案内
  • 業務案内
  • 法人案内
  • 採用情報
  • アクセス
法人案内
千代田パートナーズ会計事務所は、税理士今村正事務所と長田康道公認会計士事務所の合同会計事務所として、2002年に営業を開始しました。

そして、2015年1月よりお客様への更なるサービスの充実、国際化する環境の変化や高度に複雑化する時代の要請に対応するため、
事業の形態を法人組織化し、

千代田パートナーズ税理士法人
Chiyoda Partners Tax Corporation

として新たなスタートを切ることにいたしました。

当法人は、地下鉄千代田線大手町駅、新御茶ノ水駅、丸の内線淡路町駅、都営新宿線小川町各駅、及びJR神田駅のいずれからも
徒歩数分の場所に位置し、白を基調とした明るいオフィスです。

>>千代田パートナーズの専門家ネットワーク

下記の様々な専門家と密接なネットワークを構築しており、必要に応じ連携してサービスを提供させていただきます。

・ 国税OB税理士
・ 弁護士
・ 公認会計士
・ 国際事務所(税理士/会計士/弁護士)
・ 社会保険労務士
・ 司法書士
・ 不動産鑑定士
・ 証券会社
・ ISOコンサルタント/審査機関
・ その他 種々コンサルタント


>>パートナーの御紹介


   
長田 康道(おさだ やすみち) 公認会計士・税理士

長田は、大学卒業後、一貫して世界最大級の会計事務所のひとつであるKPMGの監査および税務部門に約30年間在籍。
監査部門においては、アメリカ系企業に関するアメリカ向け会計監査等だけでなく、外資系企業に対して会計監査、報告業務等に従事。香港勤務後、税務部門に異動し、国際税務戦略に留まらない幅広いアドバイス・支援業務に従事。

■ 1968年4月
大学卒業後、ピート・マーウィック・ミッチェル会計士事務所(現KPMG)に入所。
外資系企業 (銀行、損害保険、生命保険、商社、自動車会社、製造、販売)に対し、監査人として、会計監査および報告業務に従事する。

■ 1985年7月
香港事務所に派遣され、主に銀行、証券、保険会社等の香港進出日系企業への会計・税務・法務を含むサポート業務および現地スタッフと日系企業とのコーディネーション業務を行う。
また、日系企業の中国およびタイ進出についてもアドバイスを行う。

■ 1987年11月
KPMG東京事務所に帰任し、日系企業の国際化戦略、国際税務戦略、M&A、企業グループ再編に係わる。
また、外資系企業に対する日本進出支援、税務(海外税務を含む)、財務、会計、法務のアドバイスを行う。

■ 1988年10月
KPMG東京事務所において、パートナーに昇格。
上記アドバイス業務以外に、事務所内のバックオフィス業務を統括。

■ 1998年7月
KPMGを退所し、長田会計事務所を設立。

■ 2002年7月
千代田パートナーズ会計事務所に参画し、外資系および日系企業に対する税務、会計に関するサービスおよび経営コンサルティングを行う。

■ 2004年3月
パートナーおよび代表として、千代田パートナーズ・アンド・アソシエイツを設立、様々な専門家とのより広いネットワークを構築し、税務・会計・企業法務等総合的なサービスの提供を行っている。

2015年1月
千代田パートナーズ税理士法人への組織変更に伴い、代表社員に就任。




   
今村 正(いまむら まさし)税理士

今村は、30余年に亘り税理士今村正会計事務所所長として主に医療法人・公益法人の会計税務、相続税、資産税業務に携わってきた後、千代田パートナーズ会計事務所設立に参画しました。

常にお客様に信頼される人柄、卓越した税務実務の経験を有しています。歯科医師の医療法人及び個人開業医の関与先が多く、税務会計の業務だけでなく、医院経営の助言もしています。  月刊誌のQ&Aでは、所得税・法人税・相続税・消費税等々、色々な質問があり、その回答を通じて、税務・会計・経営のノウハウを活かしより一層高度なサービスを提供している。
歯科医師向けの月刊誌・単行本の著書多数。 

東京富士大学講師、MYゼミ(法人税研究会)、TH会(資産税研究会)に所属。

業務や料金 医療関係(医科・歯科の医療法人、個人開業医)と公益法人の関与先が多く、医療・公益法人の税務会計、経営指導には自信をもっております。

又、当事務所では、通信回線を利用した最先端のコンピューター「キャッシュプロ」を導入し、関与先の自計化(会計および給与)を推進し、リアルタイムで情報の交換をしています。

2015年1月
千代田パートナーズ税理士法人への組織変更に伴い、代表社員に就任。




   
川崎 重嗣(かわさき しげつぐ) 税理士

1986年の最終学歴以降2003年に退所するまで、下記の通り、一貫して世界最大級の会計事務所のひとつであるKPMGに約17年間在籍。

オランダ、スペインにて海外勤務していた時期以外は、クライアントの決算書・税務申告書・財務データの作成/レビューや海外税務に関する、税務・会計・経営コンサルティング、また、会社設立・給与計算・社会保険関連業務・環境監査(ISO14001 環境審査員補資格所有)等を含む幅広い経営および事業に関連するコンサルティングに従事。

■ 1986年4月
大学院経営学科修了後、ピート・マーウィック・ミッチェル会計事務所(現KPMG)に入所。アシスタントとして、外資系企業に対する税務、会計サービス、給料計算や社会保険事務の業務に従事する。

■ 1988年5月
スペイン マドリッド事務所に派遣され、スペイン進出日系企業への会計・税務を含むサポート業務および現地スタッフと日系企業とのコーディネーション業務を行う。

■ 1989年1月
オランダ アムステルダムの国際本部に異動。同時にオランダ事務所のジャパンデスク・マネジャーとして、オランダ進出日系企業への会計・税務にとどまらない様々なサポート業務、日系企業と現地スタッフとのコーディネーション業務を行う。

■ 1991年1月
KPMG東京事務所に帰任し、在日外資系企業に対する税務(海外税務を含む)、会計サービス等を行う。

■ 1992年5月
KPMG大阪事務所に異動し、在近畿圏企業に対して税務、会計、人事、給与計算等に関連する業務およびコンサルティングを行う。

■ 1995年8月
KPMG東京事務所に帰任し、外資系だけでなく日系企業に対しても税務、会計に関連する業務、コンサルティングを行う。

■ 2000年8月
税務関連の通常の業務に加えて、事務所内の総務・人事等バックオフィス業務を担当する。

■ 2002年5月
コントローラー室 プランニング マネジャーを兼任し、決算および各種財務レポートの作成、財務データ資料の作成・分析、各種会計システムの改善、売掛金回収の促進等についても従事。
外資系および日系企業に対する税務、会計に関するサービスおよび経営コンサルティングも行う。

■ 2003年9月
KPMGを退所し、税務、会計を総合的に支援する川崎税務会計事務所を設立。

■ 2004年3月
千代田パートナーズ・アンド・アソシエイツに参画し、様々な専門家とのより広いネットワークを駆使し、クライアントと共に成長していく親身なサービス提供を行う。

2015年1月
千代田パートナーズ税理士法人への組織変更に伴い、代表社員に就任。

▲ページのトップへ